メリフラスゲルの基礎知識

セラミドが肌に与える影響とは?どのアイテムで使うのがいい?

セラミドは表皮の角質層に存在する細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の一つで、肌の潤いを保つためには必要不可欠なものです。

20代頃から徐々に減少していき、加齢に伴い肌の乾燥が加速するのはセラミドの減少が大きく影響しています。

肌が乾燥すると角質のバリア機能が低下し、ターンオーバーが不活発になって肌細胞の再生もスムーズにいかなくなってしまい、シワやシミやくすみやたるみや毛穴の開きやニキビや吹き出物やごわつきやざらつきやキメの粗さなどの様々な肌トラブルに見舞われます。

セラミドが減少すると、肌が乾燥するだけではなく乾燥に伴う様々な肌トラブルが引き起こされてしまうということもきちんと理解しておかなければなりません。

セラミドの特徴についてですが、紫外線や摩擦やストレスなどの外的な刺激から肌を守ってくれる、角質のバリア機能を高めてターンオーバーを正常化させて肌細胞の再生を促進させる働きがある、保湿力が高く潤いに満ちた健やかな肌に導いてシワも改善させる効果も期待出来るなどがあります。

加齢とともに減少していくという問題は、不足分を補うことで解消させることが可能です。不足分を補うためのおすすめの取り入れ方についてですが、化粧品で外側から補ったりサプリメントで内側から補ったりするのがベストな方法です。

外側からと内側からのダブルのケアで積極的にアプローチしていきましょう。

化粧品でのアプローチについてですが、なるべくセラミドが高濃度でたっぷりと配合されているブースターや化粧水や美容液や乳液やクリームやオイルを選ぶということが重要なポイントとなります。

保湿力や浸透力や潤いキープ力の高さや肌馴染みの良さなどにもこだわる必要があります。

化粧水の前にブースターを使用すると、角質が柔らかく滑らかになるのでその後に使用する化粧水の浸透力を格段に高めることが出来ます。

化粧水は角質層の奥深くまでしっかりと届けることが大切ですので、ハンドプレスでしっかりと二度づけしたりシートマスクやコットンを使用したりして無駄なく確実に潤いをチャージすることを心がけましょう。

化粧水を馴染ませた後に美容液をプラスして保湿効果を底上げしたりするのも効果的です。

スキンケアの仕上げは油分を含む乳液やクリームやオイルなどで蓋をします。

サプリメントもなるべく贅沢に配合されているものを選び、体の内側からも働きかけて化粧品による働きかけとの相乗効果を狙いましょう。

メリフラスゲル】インナードライ肌への1ヶ月レビューとリアルな口コミ特集!